【お知らせ】この春は、ゆったりお花見。『桜旅』いよいよスタート

少しずつ気候も穏やかになり、「桜」の開花を楽しみに待っている方も多いのではないでしょうか。今年は全国的に開花時期は早めのようで、3月末までに西・東日本の各地で開花されると予想されています。

この度NIPPONIA HOTEL 奈良 ならまちでは、ホテル周辺桜を満喫する「桜旅」をスタートいたしました。今年だからこそ、日常とはまるで違うゆったりとした時に身を任せ、プライベートな旅で桜を愛でる『桜旅』をお楽しみください。

【スタッフイチオシお花見スポットのご紹介
《春日野園地周辺の桜(お花見可能)》
広々とした芝生が広がる春日野園地には、ソメイヨシノが咲き乱れ、見事な桜のトンネルが出迎えてくれます。興福寺から春日野園地へ向かう途中には「奈良国立博物館」もあり、こ仏教美術を中心に数多くの名品が集められるので、興味がある人はぜひ。周辺は開けていて、たくさんのシカの姿が見られるスポットです。

《若草山の桜(お花見可能)》
ソメイヨシノ、ヤエザクラ、ナラノココノエザクラが満開の絶景ポイントの一つ「若草山」を訪れてはいかがでしょうか。若草山は山頂や一重目頂上はもちろん、少し登っただけでも視界が開けるので、時間や体力に余裕がない場合はふもとからの眺めを楽しむのもおすすめです。(入山料150円)。3月下旬〜4月下旬には桜が咲き誇り、開放感あるお花見の穴場スポットとしても知られているので、ぜひお立ち寄りください。

《茶山園地周辺の「奈良九重桜」》
奈良九重桜(ナラノココノエザクラ)は、奈良市の市章に用いられる「奈良八重桜」などとよく似た花を咲かせ、花の開花と同時に葉も芽吹くという特徴を持つ桜の一種となっています。しかしながら、奈良八重桜・ソメイヨシノ・ヤマザクラといった他の桜と比べ一段と知名度が低く、その名前を知る人は非常に少なくなっています。大量に積もった桜の花吹雪は、鹿たちの恰好の「ごちそう」となっているのでしょうか。桜の花びらをついばむ鹿の姿はこの時期はあちこちで見ることが出来ます。

【部屋付きのお風呂でリラックス】

豊澤酒造の酒粕を使用。美肌効果、保温効果、血行促進効果、デトックス効果があり、冷え性・肩こり・腰痛の改善にも。身体を芯から温めるので、まだ花冷えがするお花見の季節にはぴったり。

@official_nipponia_naramachiでは、桜の開花情報やまちの情報を発信しております。お気軽にフォローどうぞ!
公式HPはこちら

————————————————————
▼感染症対策はこちら
コロナウイルス感染症対策をしながら冬のご旅行を満喫いただくために、
「飛沫感染」「接触感染」防止「3つの密」の回避、および衛生管理を徹底しております。
またこの時期の感染症対策として、ガイドラインに沿って客室やダイニング、共用スペースの換気を徹底いたします。
お客様にあたたかい環境をご用意しながらも、安心してお過ごしいいただけるよう対策をいたします。
————————————————————